新入社員の意識調査 働きたい職場は「お互いを助け合う」「個性を尊重」で、「アットホーム」「活気がある」はやや下火 勤続意向も「現在の会社にこだわらない」57.4%

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   新しく人員の入った部署ではそろそろ、新入社員が活躍を始めていることかもしれない。先輩社員としては元気に長く活躍してほしいところだが、いまの新入社員はどんな意識をもっているのだろう?

   そんななか、企業における経営・人事課題の解決などを支援するリクルートマネジメントソリューションズ(東京都港区)は2023年6月29日に「新入社員意識調査2023」の分析結果(調査1、調査2)を発表した。

   同調査では「働きたい職場の特長」や「働くうえで大切にしたいこと」、「上司に期待すること」など多岐にわたる質問で新入社員の意識に迫った。なかでも、働きたい職場は「お互いの個性を尊重する」が50.7%で10年前と比較すると21.8ポイントも高い過去最高、「現在の会社で勤め続けることにこだわらない・どちらかといえばこだわらない」が57.4%に達するなど、「個」を尊重する世代という特徴があるようだ。

   同社の総括では相互に理解し合った「共通目的」と自分を率いていく「セルフリーダーシップ」を新入社員と築いていくことで、新入社員育成を成功させる秘訣を説いている。

  • 上司にはやさしさと丁寧さを求めている(写真はイメージです)
    上司にはやさしさと丁寧さを求めている(写真はイメージです)
  • 上司にはやさしさと丁寧さを求めている(写真はイメージです)

新入社員の働きたい職場、10年前と比べて...「お互いに助け合う」13.4ポイント増 一方で「アットホーム」6.9ポイント減の37.3%は過去最低

   「新入社員意識調査2023調査1」は2023年3月から4月まで、同社の公開型新入社員導入研修の受講者509人が対象。属性は平均年齢22.5歳で、最終学歴は大卒以上が82.9%、300人未満企業比率は67.0%となった。

   また、「新入社員意識調査2023調査2」は2023年2月から4月までの間、同社の新入社員導入研修およびWEB学習プログラムを受講した1840人が対象。属性として300人未満企業比率は8.1%となっている。

図1 働きたい職場の特徴(リクルートマネジメントソリューションズの作成)
図1 働きたい職場の特徴(リクルートマネジメントソリューションズの作成)

   今年の新入社員の意識・特徴を把握するためにおこなわれた今回の調査。はじめに、新入社員たちに「働きたい職場の特長」を聞いた。

   最多は「お互いに助け合う」が昨年に続いてトップで「66.4%」を占めた。10年間の比較を見ると、13.4ポイント増の大幅な上昇となった。

   続いて、「お互いに個性を尊重する」が「50.7%」となった。これは10年間の比較で21.8ポイントの急上昇で、過去最多の数字を記録した。2010年調査以来で最高の数値となる。

   「お互いに助けあう」「お互いに個性を尊重する」が、他の選択肢よりも選択率が高い結果となっていることについて同社は、

「『個』が守られた中で、互いに協力しあうような繋がりを求めている傾向がある。個性を尊重することで能力を伸ばす教育方針の影響や、SNSの発展により自己表現が強化されることにより、自己への意識が高まっていると考えられる」

   と解説している。

   一方で、大きく数値を下げたのが「アットホーム」な職場(37.3%、過去10年間の比較で6.9ポイント減少)、「活気がある」(25.3%、過去10年間の比較で19.2ポイント減少)、「互いに鍛え合う」(11.4%、過去10年間の比較で13.4ポイント減少)という結果が出た。

   また、「アットホーム」「皆がひとつの目標を共有している」という若手世代でも受け入れられそうな項目も近年選択率が減少傾向となっている。

「背景として、個性を持つことが当たり前の時代で育っているため、組織のカラーに自分が合わせていくという発想自体が薄くなっている可能性が高い。大学時代がコロナ対策期間だったため、就活もオンライン中心の世代でもあり、職場というもののイメージがつきにくいということも考えられる」(リクルートマネジメントソリューションズ)
図2 働くうえで大切にしたいこと(リクルートマネジメントソリューションズの作成)
図2 働くうえで大切にしたいこと(リクルートマネジメントソリューションズの作成)

   続いての質問では、「働くうえで大切にしたいこと」を聞いた。「仕事に必要なスキルや知識を身につけること」が昨年に続きトップで「48.5%」となった。10年間の比較では、9.4ポイントの上昇となり、現代の若者の働く意識が表れる結果となった。

   次いで、「任された仕事を確実に進めること」が「38.9%」で昨年比3.3ポイントの上昇。「新しい発想や行動で、職場に刺激を与えること」が「13.8%」が過去最高となり、昨年比では3.7ポイントの上昇となった。

   しかし、一方で「何事も率先して真剣に取り組むこと」は「13.8%」となり、過去最低。この10年の変化を見ても8.4ポイントの下降と大幅に減少した。

   こうした新入社員の仕事に対する意識の変化について同社では、

「『自律』を苦手とする若手層の特徴を反映している結果となった。
社会の流れとして、消費者へのパワーシフトや教育の変化などにより、自発的に行動していく経験が積みにくい。
さらに、学生時代の数年をコロナ対策のさなかに過ごしていた世代でもあるため、行動による成功体験も積み切れていない傾向もある」

   と説明している。

姉妹サイト