国連の「世界幸福度レポート」日本は47位...人生の幸福度がどん底にいかないように、幸福度を高める方法は?

   ビジネスパーソンにとって30代、40代は、上司もいて、部下もいて、あるいは周囲の活躍も気になって...という悩み多き世代ではないでしょうか。

   当コラム「その仕事の悩み、こんなふうに考えてみよう。」では、キャリアや生活にまつわる悩みに、組織や人材開発、コーチングに詳しい「ひろ子ママ」が、アドバイスやエールをお送りしていきます。

◆きょうのお悩み

きょうはDさんが、こんな悩みを抱えていらっしゃいました。国連の「世界幸福度レポート」で日本は47位という記事、さらに「一番不幸なのは40代未婚の男性だ」という関連記事まで発見してしまいました。まさにこの属性は私にぴったりで...。今はそんなに幸福度が低いとは思ってませんが、これからどん底になるのを避けたいですね。

「世界幸福度ランキング」日本は47位 気になる「寛容度」の低さ

   2023年3月に発表された国連の「世界幸福度レポート」によると、日本の「幸福度」は47位でした。これは、アメリカの調査会社ギャラップが行う世論調査(2023年版(2020年~2022年の結果)「世界幸福度ランキング」調査)をもとにしたものです。

   そして、世界幸福度は、「国民一人当たりのGDP」「社会支援」「健康寿命」「人生選択の自由」「寛容さ」「汚職や腐敗の認知」「人生評価」といった7つの指標をもとに算出されています。

   なかでも、世界の多くの国ではコロナ禍の中で「寛容度」が上がっているそうですが、日本人は「寛容度」が低いという結果となっているそうです。

   寛容度とは「過去1か月にいくら善意団体に寄付したかに対する回答とGDPに対する度合い」から出されています。世界では善意の心が高まっている一方で、日本人の寛容さが低いことなどから、幸福度の低さにつながっていると言われています。

   その背景として、少子高齢化が進む日本では、将来への不安や経済的な不安から自分の仕事やキャリア形成を重視する傾向が高いそう。幸福度を上げるのは自分のことだけでなく、まわりの人のことを気づかう、受け入れるといった「寛容さ」も高めなければならないようですね。

   このような背景を聞いてDさんどう思いますか?

「すべてがそうだとは思いませんが、将来の不安から自分自身のことを優先したい気持ちはわかる気もします」(Dさん)
ひろ子ママ (こまま・ひろこ)
ひろ子ママ (こまま・ひろこ)
仮想スナック「ひろこ」を経営
古代マヤ暦シンクロ協会認定講師、ライター

不動産業界での営業、教育業界でのコーディネーターなどを経て、組織や人材開発に携わりながら、コーチングも行っている。鳥取県生まれ、大阪在住。多拠点生活に向けて活動中。
「キャリア50」https://career50.jp/?s=ひろ子ママ
姉妹サイト