「人事評価を聞く前に、振り返りしろなんて!モラハラでしょ?!」と訴えるベテラン部下...どう諭す?【上司力を鍛えるケーススタディ CASE34(前編)】(前川孝雄)

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   「前川孝雄の『上司力(R)』トレーニング~ケーススタディで考える現場マネジメントのコツ」では、現場で起こるさまざまなケースを取り上げながら、「上司力を鍛える」テクニック、スキルについて解説していきます。

   今回の「CASE34」では、「人事評価を聞く前に、振り返りしろなんて!モラハラでしょ?!」と訴えるベテラン部下への対応に悩むケースを取り上げます。

「ただ振り返って反省しろなんて、モラハラでしょ?!」

【A課長】人事部からの通達...期末の部下との1on1面談で、部下自身の「仕事の振り返り」で育成せよって...。これまた難しくて、頭痛いよな~。
【B課長(同期の同僚)】ああ...しかし悩んでいても仕方ないから、さっそく始めたよ。
【A課長】おっ! いつも君は「当たって砕けろ」で着手が早いな!
【B課長】この際だから、最初に、いちばん手ごわいベテランの年上部下と面談したんだ。
【A課長】あっ、この前、若手に「昭和おじさん」って言われて落ち込んでいた彼だな...。
【B課長】そう。「まず今期の仕事ぶりを自分自身で振り返って、思うことを何でも話してください」と頼んだ。そしたら「人事評価も聞いてないのに、ただ反省しろなんてモラハラでしょ?!」ってキレかけたんだ。
【A課長】おっと、それはまずい展開じゃないか! 大丈夫か?
【B課長】そこで彼の眼を見て、静かに言ったんだ。
「違います。目先の業績評価云々より、あなたの成長と活躍を心から信じ応援したいんですよ」って。そしたら本人「そ、そうだったんですか...」って目頭押さえてね。
【A課長】そうか! それなら、よかったじゃないか!
【B課長】ただ、あんまりしんみりして間が持たないもんだから、つい場を和ませようと「いえいえ。まあ、強いて言えば『ハラハラ』ですよ」って笑顔で言ったら、本人がまたムっとしてさ...。
【A課長】そりゃ君のギャグのほうがよほどハラハラだ!(1on1面談...やっぱ悩ましいな~)
姉妹サイト