2024年 6月 17日 (月)

24~34歳の転職、微増傾向 転職未経験者の不安に「いい人間関係が築けるか」「年収が下がるかも」「転職先の社風」「新しい環境への適応」

   多くの企業が求める24~34歳のビジネスパーソンは転職に対して、どんな考えを持っているのだろうか。

   就職・転職のための情報プラットフォーム「OpenWork」を運営するオープンワーク(東京都渋谷区)は、「若手・中堅社会人の転職に関する意識調査」の結果を2023年7月25日に発表した。

   今回の調査によると、24歳~34歳までの社会人で「転職したことがある」人は全体の62.5%を占めたといい、直近3年以内の転職者に絞った場合は33.6%だった。一方、「転職したことはない人」は37.5%となった。

   また、とりわけ転職未経験が抱く不安で、転職経験者以上に多いものでは、「新しい職場でいい人間関係が築けるか不安」、「年収が下がるかもしれない」、「転職先の社風や風土が自分に合わないかもしれない」、「新しい企業・環境に適応できないかもしれない」などがあがった。

  • 転職の悩みは尽きない…(写真はイメージです)
    転職の悩みは尽きない…(写真はイメージです)
  • 転職の悩みは尽きない…(写真はイメージです)

「3年以内の転職」前年調査から3.6ポイント微増、人材の流動性が高まっている?

   この調査は、2023年6月13日~16日、インターネットによるアンケート調査で、1都3県(東京/神奈川/千葉/埼玉)と中京(愛知/岐阜/静岡)、関西(大阪/京都/兵庫)、福岡県に在住の24歳~34歳の男女を対象にした。有効回答数は、約2500人。

kaisha_20230825123732.png
(オープンワークの作成)

   はじめに、転職の有無と時期について質問した。最多となったのは「転職したことはない」で「37.5%」。この数値は、2022年よりも4.4ポイントのダウンとなった。

   次いで、「3年以内に転職した」は「33.6%」となり、「過去4?5年内に転職した」(14.6%)や「5年以上前に転職した(14.3%)」を大きく引き離した。

   なお、3年以内に転職した人は、2022年調査から3.6ポイント上昇しているといい、転職経験者は微増しているかたちだ。

kaisha_20230825123751.png
(オープンワークの作成)

   続いて、転職する際の年収に対する考えを聞いた。転職経験の有無にかかわらず、最多は「希望条件が概ね叶えば現年収同様でも良い」(転職経験なし:47.0%、転職回数1回以上:45.0%)となった。

   次いで、目立っているのが「希望条件が叶わなくても年収が上がる事が優先である」(転職経験なし=23.5%、転職経験1回以上=30.2%)」。「年収」というキーワードは、転職経験者のほうが注目度が高い。

姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中