退職者がオススメ「辞めたけど良い企業、中小ベンチャー30社ランキング」...共通点は、社長と社員がホンネで言い合える「どうする家康」文化

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   近年、転職者が増加している。スキルを磨いて次の転職に備える若手が多くなり、会社は「定年まで勤め上げる場」ではなく、自分を育むステップの1つにすぎなくなったのだ。

   そこで、就職・転職のジョブマーケット・プラットフォーム「OpenWork」を運営するオープンワーク(東京都渋谷区)が、会員ユーザーの口コミ投稿から調査した「退職者が選ぶ『辞めたけど良い企業ランキング』」【中小ベンチャー企業編】を、2023年8月22日に発表した。

   大企業を取りあげた2023年8月24日付「退職者がオススメ『辞めたけど良い企業、外資・日系30社ランキング』...共通点は若手育てて送り出す『卒業文化』、合言葉は『やりたいことは何?』」(J-CAST 会社ウォッチ)の続編だ。

   「卒業生」から高い評価を受けた少数精鋭会社には、今年のNHK大河ドラマ「どうする家康」の徳川軍団に通じる企業風土があるという。それは、どんな魅力か?

  • あの会社で働いて本当によかった(写真はイメージ)
    あの会社で働いて本当によかった(写真はイメージ)
  • あの会社で働いて本当によかった(写真はイメージ)

コンサル、IT、飲食、アパレル、人材支援...盛りだくさんのユニーク企業

   OpenWorkは、社会人の会員ユーザーが自分の勤め先の企業や官庁など職場の情報を投稿する国内最大規模のクチコミサイト。会員数は約580万人(2023年7月時点)という。OpenWorkでは、企業の評価を「待遇の満足度」「社員の士気」「風通しの良さ」「20代成長環境」など8つの項目を5段階で評価している。

   今回の調査では、投稿された社員クチコミのうち「退職者」による評価に着目し、退職者からの評価が高い企業を集計した。大企業とは異なる中小企業やベンチャー企業の魅力と特徴を探るために、従業員数が300人未満の企業に限定して、退職者からの評価が高い企業を集計、ランキングを作成した。

   調査の結果、1位はベンチャー投資・育成やスポーツビジネス支援が中心のスカイライト・コンサルティング(東京港区)、2位は米国系ITコンサル会社のケンブリッジ・テクノロジーズ・パートナーズ(東京港区)、3位は人材支援が中心のアクシスコンサルティング(東京千代田区)と、上位3社はコンサルティングが占めた【図表1】。

kaisha_20230825124440.png
(図表1)退職者が選ぶ「辞めたけど良い会社ランキング」トップ30(オープンワークの作成)

   4位はソーシャルメディア・ソーシャルアプリに関する事業を行うガイアック(東京都千代田区)、5位はデジタルマーケティングを支援するITベンチャーのフィードフォース(東京文京区)。6位は情報サービスを展開するIT関連事業のキャンバス(東京中央区)【図表1】。

   7位は新卒採用支援のジェイック(東京千代田区)、8位はアマゾン・ウェブ・サービスの特化したシステム開発のサーバーワークス(東京新宿区)、9位は米国系コンサル会社のプロティビティ合同会社(東京千代田区)、10位は日本の経営支援の草分け、日本能率協会コンサルティング(東京港区)となった【図表1】。

   ランキング30社中6社がコンサルティング業界、4社がシステム開発の関連業界、そのほか飲食やアパレル、人材支援、インターネット関連、サービス系企業と、バリエーションに富んだ業種からランクインした。

姉妹サイト