2024年 6月 17日 (月)

「ジャクソンホール会議」パウエルFRB議長はさらなる利上げの可能性を強調したが、逆に市場では「利上げは年内で終了」の見方が強まった

   【米国経済の動向】2023年8月24~26日に米国のカンザスシティ地区連銀主催の経済シンポジウム「ジャクソンホール会議」が開催され、FRB(米連邦準備制度理事会)のパウエル議長は25日の講演で、インフレを確実に抑制するためにさらなる利上げを実施する用意がある」と発言した。

インフレ目標の2%への回帰...FRB、政策金利が十分に高いとは結論付けていない

   パウエル議長は、現在のインフレの状況について、「この1年、金融政策を大幅に引き締め、インフレがピークから鈍化したのは歓迎すべき動向だが、依然として高すぎる」との認識を示した。

   そのうえで、今後の利上げの可能性については、「実施すべきかどうかは、慎重に進める」としながらも、「適切であれば、さらなる利上げを実施する用意がある。インフレがFRBの目標に向かい持続的に低下していると確信するまで、金利を制約的な水準に維持するつもりだ」と述べた。

   パウエル議長の講演内容は、FRBが依然としてインフレが目標の2%に回帰するために政策金利が十分に高いとは結論付けていないことを明確に示す内容だった。

   この講演を受けて、特長的だったのは市場の受け止め方だろう。

   ただ、パウエル議長は同時に、次回9月のFOMC(米連邦公開市場委員会)で、政策金利を据え置く可能性があることも示唆している。

   昨年のジャクソンホール会議では、パウエル議長が講演でインフレ抑制をやり遂げる姿勢を強く示したことで、予想以上のタカ派の発言と受け止められ、講演後に長期金利が上昇し、株価が大きく下落した。

   今年の講演も内容的には、昨年と同様の趣旨だったため、市場では講演内容が伝わると、長期金利は上昇し、株価は下げに転じた。しかし、その後の動きは昨年とは別だった。

姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中