【暑さにイライラ】「この暑さいつまで続くんだ」...コントロールできないことに抵抗せず「楽しむ」方法

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   ビジネスパーソンにとって30代、40代は、上司もいて、部下もいて、あるいは周囲の活躍も気になって...という悩み多き世代ではないでしょうか。

   当コラム「その仕事の悩み、こんなふうに考えてみよう。」では、キャリアや生活にまつわる悩みに、組織や人材開発、コーチングに詳しい「ひろ子ママ」が、アドバイスやエールをお送りしていきます。

◆きょうのお悩み

きょうはOさんが、こんな悩みを抱えていらっしゃいました。「悩みというわけではないのですが、毎日の暑さにまいっています。5月から真夏日が出現し、9月になっても30度を超え、10月も例年より平均気温が高い予想なので、いつまで暑さは続くのやら。私は暑さに弱いので、いい加減涼しくなって欲しいなと。誰かが涼しくしてくれるわけでもなく、誰かに怒りをぶつけるわけにもいかず、イライラしてしまいます。自分でコントロールできないことってみんなどう処理しているんですかね」

コントロールできないことは思い切って「手放す」

   生きていると、いろいろな悩みや困りごとが出てくるでしょう。悩みごとに振り回されて疲れていると感じたら、その悩みに対して本当に向き合った方がいいのか、考えてみましょう。

   天気がまさにそうですよね。遠足前だと「てるてる坊主」を作ることくらいはできますが、暑さや天気は人間にはどうしようもないことです。まずは、悩みが自分でコントロールできるか、できないものか分けてみましょう。

●コントロールできること
・早起きができないこと
・怒りっぽい性格
・浪費癖があること
●コントロールできないこと
・気温の暑さ、寒さ
・受け終わった試験の結果
・育った環境
・トラブルや事故に巻き込まれたこと
・他人の気持ち

   上記のような自分でコントロールできないことに振り回されているなと感じたら、「仕方ない」と思って手放してみましょう。

ひろ子ママ (こまま・ひろこ)
ひろ子ママ (こまま・ひろこ)
仮想スナック「ひろこ」を経営
古代マヤ暦シンクロ協会認定講師、ライター

不動産業界での営業、教育業界でのコーディネーターなどを経て、組織や人材開発に携わりながら、コーチングも行っている。鳥取県生まれ、大阪在住。多拠点生活に向けて活動中。
「キャリア50」https://career50.jp/?s=ひろ子ママ
姉妹サイト