大手企業で加速するジャニーズのタレント起用「見送りドミノ」 経済同友会・新浪代表「タレント起用は性加害認め、国際的非難」...ネット大激論

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   ジャニーズ事務所の性加害問題を受け、所属タレントのCM起用をめぐり、大手企業の「見送りドミノ」が加速している。

   そんななか、経済同友会の新浪剛史代表幹事が2023年9月12日、記者会見で「ジャニーズのタレントを起用することは、子ども虐待を認めるということで、国際的に非常に非難を浴びるもとになる」と痛烈に批判した。

   財界トップの重い発言だけに、今後、大手企業のジャニーズ離れがさらに進みそうだ。ネット民の間では「当然の発言が、やっと経済から出た」と称賛の声と、「企業のご都合主義」という批判と賛否大激論だ。

  • ジャニーズ事務所(東京都赤坂)
    ジャニーズ事務所(東京都赤坂)
  • ジャニーズ事務所(東京都赤坂)

東京海上、アサヒ、キリン、マック、花王、日航、日産...続々と見送り

   ジャニーズ事務所の外部専門家による「再発防止特別チーム」が8月30日、記者会見を行ない、故・ジャニー喜多川氏による「数百人に及ぶ性加害」を認定、藤島ジュリー景子社長(当時)に辞任を提言する報告書を発表しても、大手企業の動きは鈍かった。

   風向きが一変したのは9月7日、同事務所が記者会見し、性加害を初めて認めて謝罪してからだ。報道によると、東京海上日動火災保険は同日、事務所との契約解除を検討していることを明らかにした。翌8日にはアサヒグループホールディングス、さらにキリンホールディングス、サントリーホールディングスと続き、「ジャニーズ離れ」の雪崩現象が起こった。

   報道をまとめると、9月13日までに、ジャニーズ事務所のタレントのCM起用の取りやめ方針を発表した主な企業が次のとおりだ(カッコ内は、現在CMに起用しているタレント名)。

東京海上日動火災保険=契約は更新せず、満了前の解除も検討(相葉雅紀さん)
アサヒグループホールディングス=広告は順次打ち切り、契約は更新しない(岡田准一さんら)
サントリーホールディングス=再発防止などの納得ある説明があるまで契約しない(松村北斗さん)
キリンホールディングス=企業統治を発揮するまで契約しない(目黒蓮さんら)
日本マクドナルド=現行契約の満了後は更新しない(木村拓哉さん)
花王=可及的速やかに広告や販促を中止(中島健人さんら)
第一三共ヘルスケア=契約更新を行わない(松本潤さん)
伊藤ハム=契約更新を見送る(二宮和也さん)
日産自動車=広告で新たに起用しない(木村拓哉さん)
日本航空=適切な対応が取られるまで起用を見送り(現在起用なし)
日本生命保険=今後の広告に起用しない(現在起用なし)
姉妹サイト