2024年 6月 17日 (月)

大学認知度・イメージ調査ランキング 関西以外は1位が変動 関東・甲信越&関西エリアは、私立大学がTOP3独占!

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   受験を控えている高校生が抱いている大学の認知度やイメージは?

   マイナビ(東京都千代田区)が運営する、高校生の進路選択に関する調査研究・情報発信専門サイト「マイナビ進学総合研究所」は2023年9月8日に、2024年3月卒業予定の高校3年生を対象とした「大学認知度・イメージ調査(2023)」の結果を発表した。

   ランキングを見ると、前年と比べて関西以外は1位が変動した。関東・甲信越、関西エリアでは、私立大学がTOP3を独占する結果となっている。

   また、高校3年生に志望校の検討に「強く影響する」イメージ項目を聞くと、最多は「学べる内容が充実している」(59.0%)で、「就職力が高い」(56.1%)、「勉強が面白い」(52.4%)と続いた。

   さっそく、エリア別大学認知度ランキングを見ていこう。

  • 高校生に認知度の高い大学とは?(写真はイメージです)
    高校生に認知度の高い大学とは?(写真はイメージです)
  • 高校生に認知度の高い大学とは?(写真はイメージです)

【認知度ランキング】北海道・東北1位「北海道大学」、中国・四国1位「岡山大学」など国公立大学も健闘!

(マイナビ進学総合研究所の作成)
(マイナビ進学総合研究所の作成)

   まずは、北海道・東北エリア。認知度ランキングは1位「北海道大学」(47.1%)、2位「東北大学」(44.2%)、「札幌大学」(37.7%)となり、前年度と比べると東北大学が順位を落とし、北海道大学が伸びている。

   関東・甲信越エリアでは、「早稲田大学」(76.5%)がランクアップして1位に。2位の「青山学院大学」(75.5%)と3位の「日本大学」(74.6%)も順位を上げている。

   東海・北陸エリアでは、「中京大学」(65.8%)が順位を上げて1位に。2位は前回1位だった「名古屋大学」(65.6%)が入った。3位の「名城大学」(63.4%)は順位が変わらなかった。

   関西エリアでは、1位は昨年に引き続き「近畿大学」(75.2%)。2位は昨年4位だった「立命館大学」。3位には「関西大学」がランク入りした。

   中国・四国エリアでは、1位の「岡山大学」(58.2%)が昨年2位から順位を上げた。2位は「広島大学」(57.3%)が順位を落とし、3位には「山口大学」。

   九州・沖縄エリアでは、1位は前年4位から大きく順位を上げた「福岡大学」。2位は昨年1位の「九州大学」。3位は、昨年8位から大きく上昇した「熊本大学」だった。

   大学の認知度について、調査元では以下のように指摘している。

「認知度ランキングでは関東・甲信越、関西エリアで私立大学がTOP3を占める結果となった。関東・甲信越エリアで認知度2位の青山学院大学は、イメージ項目『時代にマッチしている』でも1位を獲得しており、2022年4月に日本初の『ヒューマンライツ学科』を設置したこと等が評価につながっているようだ」
姉妹サイト

注目情報

PR
コラムざんまい
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中