2020年 6月 7日 (日)

大林宣彦さん

印刷

映画監督・大林宣彦さん、当初の公開予定日に死去 「最新作」出演者がツイートした「思い」

   映画監督の大林宣彦さんが肺がんのため82歳で亡くなったことをうけ、ツイッター上では大林さんゆかりの有名人から悲しみの声があがっている。

   大林さんは2020年4月10日に亡くなり、11日に各メディアが報じている。「転校生」(1982年)や「時をかける少女」(83年)など学校を舞台にした映画で知られ、最近では最新作が公開予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大を受け、公開延期が決まっていた。

浅野忠信「一緒に映画を撮った日々を忘れません」

   大林さんは広島・尾道市で生まれた。CMディレクターなどを務めたのち商業映画監督に転身し、出身地・尾道を舞台にした「転校生」などのヒット作を生み出した。

[続きを読む]

お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中