2021年 9月 18日 (土)

篠田桃紅さん

印刷

美術家の篠田桃紅さん、107歳で死去 「墨はいつも裏切る。思い通りにいかないから面白い」

   書道家、美術家として国際的に活躍し、エッセイストとしても知られた篠田桃紅さん(本名:満洲子)が2021年3月1日、老衰のため亡くなった。107歳だった。3日、各メディアが報じた。

   旧来の書道界から離れ、独自の感性で「墨アート」という新しいジャンルを切り開き、100歳過ぎても個展を開いてベストセラーも出すなど生涯現役を貫いた。映画監督の篠田正浩さんは従弟。

「墨アート」として国際的な評価

   1913年、旧満州の大連で生まれた。父は東亜煙草株式会社の大連支店長で、実家は岐阜の大地主。漢学の素養があり、篆刻や書も巧みだった。篠田さんは幼少時から父に書を習った。さらに一番で入学した東京府立第八高女でも、当時高名だった師の指導のもと、和歌や書に励んだ。

[続きを読む]

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中