2021年 12月 1日 (水)

中根千枝さん

印刷

中根千枝さん死去 ベストセラー『タテ社会の人間関係』

   『タテ社会の人間関係』のベストセラーで知られ、文化勲章も受章した社会人類学者の中根千枝・東大名誉教授が2021年10月12日、死去した。各紙が11月5日に報じた。94歳だった。

   「女性初の東大教授」「女性初の学士院会員」など「女性初」の肩書が多く、戦後の女性研究者のトップランナーとして男性優位の学者世界に風穴を開けた人だった。

120万部のロングセラー

   1926年、東京生まれ。弁護士をしていた父の仕事の関係で、小学校6年のときから約6年間を北京で過ごした。津田塾専門学校(現在の津田塾大)を経て、戦後、共学になって2年目の東大に入り、東洋史学科・同大学院で学ぶ。日本各地で農村調査をしたあと、1953年からインド、イギリスなどに約4年間留学。少数民族のフィールドワークなどを続け、シカゴ大、ロンドン大で教えた。

[続きを読む]

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中