2020年 4月 5日 (日)

AKB、ジャニーズ、韓流に偏重 アブノーマルな日本のCD販売

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で
〈Type-A〉(CD+DVD)(初回プレス生写真封入)
〈Type-A〉(CD+DVD)(初回プレス生写真封入)

〈Type-K〉(CD+DVD)(初回プレス生写真封入)
〈Type-K〉(CD+DVD)(初回プレス生写真封入)

〈Type-B〉(CD+DVD)(初回プレス生写真封入)
〈Type-B〉(CD+DVD)(初回プレス生写真封入)

AKB48
上からマリコ
各1360円
12月7日発売
キングレコード


   2011年に入って、日本のCD業界は大きな二つの潮流に新たな流れが加わり、加速した。

   大きな二つの潮流とは、「ジャニーズ系」と「AKB系」。

   新たな流れとは「韓流」だ。

芦田愛菜&鈴木福「薫と友樹、たまにムック。」が大健闘

[オリコン 年間シングルランキング]
1位 158.6万枚 「Everyday、カチューシャ」 AKB48
2位 158.6万枚 「フライングゲット」 AKB48
3位 141.4万枚 「風は吹いている」 AKB48
4位 107.9万枚 「桜の木になろう」 AKB48
5位 62.6万枚 「Lotus」 嵐
6位 60.9万枚 「迷宮ラブソング」 嵐
7位 49.4万枚 「マル・マル・モリ・モリ!」 薫と友樹、たまにムック。
8位 46.4万枚 「パレオはエメラルド」 SKE48
9位 44.1万枚 「Everybody Go」 Kis-My-Ft2
10位 42.7万枚 「オキドキ」 SKE48
[オリコン 年間アルバムランキング]
1位 87.0万枚 『Beautiful World』 嵐
2位 82.2万枚 『ここにいたこと』 AKB48
3位 73.8万枚 『願いの塔』 EXILE
4位 64.8万枚 『BORN THIS WAY』 Lady Gaga
5位 63.2万枚 『GIRLS' GENERATION』 少女時代
6位 48.2万枚 『Checkmate!』 安室奈美恵
7位 41.4万枚 『MUSICMAN』 桑田佳祐
8位 41.1万枚 『SMAP AID』 SMAP
9位 39.0万枚 『いきものばかり~メンバーズBESTセレクション~』 いきものがかり
10位 38.0万枚 『C'mon』 B'z
(2010/12/27付~2011/12/12付)

   日本のCDを中心としたメディア販売のほとんどは、この3つの流れのどれかに組み込まれることになった。

    オリコンの年間シングルランキングBest10を掲載したが、韓流の存在はそれほど目立たない。だが、売り上げ10~20万枚辺りのランキング20位から50位辺りにはKARAや東方神起、少女時代の名前が並ぶ。

   アルバムランキングを見ることで、かろうじて今のミュージックシーンに影響力のあるアーティストを知ることができるが、ほぼAKB、ジャニーズ、韓流という三本柱は動かない。

   それにしても、である。このシングルランキングはアブノーマルとしか言いようがない。Best10の内、AKB系、ジャニーズ系以外は、芦田愛菜ちゃんと鈴木福くんのユニット「薫と友樹、たまにムック。」1曲だけだ。

   AKB系といっても、AKB48がダントツでベスト1~4までを独占している。

   今年、AKB48のアルバム『ここにいたこと』の発売後に、J-CASTから取材を受けて大まかには「AKBといっても頂点に居続けることはないだろう」的な意見を述べたのだが、2011年に限ってはその予測は見事に外れた。とうとう12月7日に発売された篠田麻理子がセンターの24枚目最新シングル「上からマリコ」の初日売り上げが95.9万枚(オリコン発表)。デイリー1位で、ミリオン確実だそうで、2011年の締めもAKB48ということになった。

◆加藤 普(かとう・あきら)プロフィール
1949年島根県生まれ。早稲田大学中退。フリーランスのライター・編集者として多くの出版物の創刊・制作に関わる。70~80年代の代表的音楽誌・ロッキンFの創刊メンバー&副編、編集長代行。現在、新星堂フリーペーパー・DROPSのチーフ・ライター&エディター。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!