2020年 8月 10日 (月)

「人質事件」機に「イスラム世界」を知る その歴史とタブーと考え方

エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   イスラム武装勢力によるアルジェリア人質事件は日本人に改めてイスラムとは何かを突き付けた。日本は中東を中心とするイスラム世界に石油の約9割を依存している。しかし、われわれはイスラムのことをどこまで知っているだろうか。イスラムを知るために読んでほしい3冊を紹介する。J-CASTニュースの新書籍サイト「BOOKウォッチ」(https://books.j-cast.com/)でも特集記事を公開中

ムハンマドの生涯から9・11同時多発テロまで

『イスラームの歴史1―イスラームの創始と展開』
『イスラームの歴史1―イスラームの創始と展開』

『イスラームの歴史1―イスラームの創始と展開』

   宗教を抜きに世界と世界史を考えることはできない。歴史書で定評のある山川出版社が、人間の歴史に宗教がどうかかわってきたのか、という観点から刊行した『宗教の世界史』。その11巻が『イスラームの歴史1―イスラームの創始と展開』(編・佐藤次高、3675円)、12巻が『イスラームの歴史2―イスラームの拡大と変容』(編・小杉泰、3675円)だ。イスラムについて本格的に学びたい人にとって最適の教科書といえよう。

   「イスラーム世界1」は7世紀初頭から18世紀までを、「同2」はそれ以降を扱う。単なる通史ではなく、ムハンマドの生涯から2001年の9・11同時多発テロまで、イスラムの展開とその拡大が国際社会に与えた衝撃と意義を考える。現代日本の第一人者らによるイスラムの歴史である。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!