2020年 9月 19日 (土)

霞ヶ関官僚が読む本
江上剛氏の「俺、まだやれる」に共感 マラソンがくれた生きる勇気と脱メタボ

初心者向け資産運用相談で、現金6,000円もれなくプレセント中!

   海外勤務を終えて帰国後の人間ドックの数値に驚愕し、ジョギングを始めてから10年以上になる。とはいえ数年前までは、ランニング後のビールを楽しみに、週末、わずかな距離を走る日々が続いていた。しかし、ここ数年、公私ともにシビアな状況が続く中で、かえって、真剣に走るようになり、無謀にも、マラソン大会にも出場するようになった。

   『55歳からのフルマラソン』(江上剛、新潮新書)。書店で、「苦境からの脱出、そして挑戦のドキュメント!」と帯にあるのを見て、早速、購入。一気呵成に読み終えた。

ランナー歴なしの中高年にこそ効用多し

『55歳からのフルマラソン』
『55歳からのフルマラソン』

   著者の江上氏が走り始めたのは、日本振興銀行の経営破綻処理の渦中。社外役員としての立場から一気に代表取締役として破綻処理の全責任を負うという過酷な状況の中、ご近所の知り合いからマラソンを誘われたのがきっかけだった。

   毎週月、水、土の朝5時から中高年男女の有志が10キロ~15キロを走る(結構、ハードなメニューだ)。ランナー歴がない上に、作家+社長を兼業する江上氏は、体力面だけでなく、時間的に大丈夫かと心配したそうだが、案ずるより産むが易し。「走って、汗をかき、風呂に入ると、頭がすっきりして、仕事がはかどることが分かった」という。

   本書では、長年、運動とは無縁だった中高年がマラソン(ランニング)を続けることで得られるメリットが様々なエピソードとともに語られる。以下、主なものを列挙すると、

(1)仕事以外の自然な付き合いができる

   同走の士は、近所のサラリーマンのほか、主婦、ジャーナリストなどさまざま。「女房は、近所付き合いのプロだが、僕はどちらかというとダメな方だ。こうして近所の人と話しながら、走っているのが信じられない」、「仕事の人間関係は上下関係で、仕事を続けてさえいれば、自然と出来上がる。一方、近所の人間関係は、自分で努力して作らねばできない」。

   江上氏は、日本振興銀行の破綻問題で連日、メディアに登場する状況の中で、この朝の1時間半の隣人との交流が何よりも大きな救いになったと書いている。

「自分が特別、大変なんじゃない。みんな、大変なんだ。だけどこうして健気に、明るく生きているじゃないか」、「おい、そう深刻ぶるな、お前だけが悩んでいるんじゃない」、「自分の悩みが相対化されていく。客観視できた、と言ってもいいだろう。マラソンが、私を救ってくれたのだ」

【霞ヶ関官僚が読む本】 現役の霞ヶ関官僚幹部らが交代で、「本や資料をどう読むか」、「読書を仕事にどう生かすのか」などを綴るひと味変わった書評コラムです。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!