「SMAP愛」あふれる新聞の見出しが話題 くやしいから、マネして作ってみた

印刷

   SMAPの解散報道から一夜明けた。いまだ情報が錯そうしていて、ファンのみならず多くの人々がやきもきしている。

   そんななか、2016年1月14日付の毎日新聞朝刊が、「SMAP愛がある」と話題になっている。スポーツ面をふんだんに使って、愛情を表現しているというのだが――さて、その紙面とは?

毎日新聞題字

「青いイナズマ」「弾丸ファイター」...

   話題の紙面は、東京版のもの。SMAPの名曲をうまく見出しへ反映させている。

「プロ25年目にKANSHAして」
「216安打 今年も らいおんハート」
「2階級 がんばりましょう」
「青いイナズマ 白星発進」
「作戦通り 弾丸ファイター」
「ありがとう 大鵬さん」
「新体制 俺たちに明日はある」
「お帰り 世界に一つだけ『地元の華』」

――これらの芸術的な見出しを目にして、なぜか対抗心をむき出しにするカス丸。きのうのJ-CAST記事に、勝手な見出しを付けて、同僚記者に送りつけてきた。せっかくなので掲載しておこう。

ありがとうIE ずっと忘れない
freeなbird
スーパーマーケット『Hey Hey おおきに毎度あり』
ほぼ$10の恵方巻
就活生『俺たちに明日はある』
カップめんランキングがSHAKE
ダイナマイトで部屋壊す?
Triangleな関係
しようよ
「青いイナズマ」
KANSHAして
「がんばりましょう」

【カス丸の犬小屋】J-CAST編集部員が、独断と偏見に基づいて、気の向くままに記事を執筆。J-CASTのマスコットキャラ「カス丸」(自称キュレーター)が、上から目線で論評するコーナー。カス丸のTwitterアカウントは@jcast_inu、Facebookはcasumaru

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中