マイクロソフト「IE」、旧バージョンのサポート終了へ

印刷

   米マイクロソフト社のウェブブラウザ「インターネット・エクスプローラー(IE)」の旧バージョンのサポートが、2016年1月13日(日本時間同日夕方)に終了する。同社はこれまで幅広いバージョンのサポートに対応していたが、これ以降は各「Windows OS」の最新版のみが対象になる。

   具体的には、「Windows Vista」では「IE9」、「Windows 7」と「Windows8.1」では「IE11」がサポート対象。これ以外のバージョンでは、セキュリティー更新プログラムや修正プログラムなどが提供されなくなるため、サイバー攻撃を受ける危険性が高まるという。

   同社は2014年8月に旧バージョンIEのサポート終了を発表し、利用者に最新版へ更新するよう呼びかけていた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中