2019年 6月 25日 (火)

「ゆっくり奥までソウニュウしてください」「敏感なところはシゲキしちゃダメ」 駿台のセンター向け漢字問題集はまるで「官能小説」

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   「ゆっくり奥までソウニュウしてください」「左手を軽くソえてね」――何も官能小説の一部分でなく、れっきとした大学受験生向けの「漢字問題集」に収められた文章だ。大手予備校「駿台予備学校」(駿台)傘下の出版社「駿台文庫」(東京都千代田区)から刊行されたものだが、下品な例文が多すぎるとの批判が数多く寄せられた。

   駿台側は、例文の表現について「変化の激しい現代にあって、より新しい言葉づかいにしようとした」と話している。

  • 「より生徒に覚えやすい表現にした」と言うものの…(写真は同書収録の例文)
    「より生徒に覚えやすい表現にした」と言うものの…(写真は同書収録の例文)
  • 「過激」な表現が並ぶ(写真は同書収録の例文)
    「過激」な表現が並ぶ(写真は同書収録の例文)

「『息をのんで』女子の着替えを見つめる」

   今回問題視されたのは、2015年2月に発売された「生きる センター漢字・小説語彙」だ。センター試験水準の漢字、語彙にまつわる設問をおよそ700題収録し、1つ1つに丁寧な解説が付けられている。

   著者は、問題集以外の著作もある駿台の名物講師、霜栄(しも・さかえ)さん。同書のあとがきに「基本を深く、難問を楽しく。ぼくの話に笑ってくれる人の心づかいに超感謝」と書いている。

   そんな問題集の中に「下品な」例文が収められていると話題になったのは16年1月11日頃だ。あるフェイスブックユーザーが写真とともに報告し、複数のまとめサイトも取り上げて急速に拡散。同日中にはツイッターでも共有され始めた。

   同書を見てみると確かに、まるで官能小説から抜粋したかのような「過激」な例文が多い。漢字の書き取り問題では「彼女のなだらかなキュウリョウをうっとりと眺めた」「ゆっくり奥までソウニュウしてください」「左手を軽くソえてね」「彼女がリズミカルにシめ付けてきた」「敏感なところは強くシゲキしちゃダメよ」「胸のデカさに俺はキョソを失った」と性的な事柄を連想させる表現が並ぶ。

   語彙の意味を答える問題では、「『息をのんで』女子の着替えを見つめる」「彼はあやしげなDVDが本棚にあるのを『目ざとく』見つけた」といった例文も見られる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中