2018年 7月 23日 (月)

回転寿司のファミレス化ますます進む かっぱ寿司が今度は「革命的」メニュー

印刷

   回転寿司(すし)チェーンのかっぱ寿司は2018年4月27日から、粗挽きビーフを100%使用した「かっぱのハンバーグ」を全店で販売開始した。

   「とろっとチーズハンバーグ」「デミグラハンバーグ」(いずれも税別390円)の2種類を展開し、サイドメニューのさらなる拡充を目指す。

  • かっぱ寿司の公式ユーチューブチャネルより
    かっぱ寿司の公式ユーチューブチャネルより

「専門店にも負けない味わい」と自信

   「贅沢フォアグラのせ茶碗蒸し」「ごくっ!旨貝の塩白湯ラーメン」「ローストビーフ焦がしバルサミコ酢炙り(青森のりんごのせ)」――これらは全て、かっぱ寿司で販売するメニューだ。

   競争が激しい回転寿司チェーンでは、寿司以外のメニューを充実させる「ファミレス化」が進んでいる。J-CASTトレンドでも、工夫を凝らした各社のメニューを多数紹介してきた。

   「なぜ寿司屋で...? スシローにホクホク食感の『ポテりこ』が登場!」

   「寿司とはいったい... くら寿司、シャリにチョコプリンを乗せた『ティラミスシ』発売」

   「はま寿司から『はまカレー』誕生 構想から4年の自信作!」

   「25センチの重箱からはみ出す大迫力! かっぱ寿司から1万円の『うな重』」

   今回かっぱ寿司が満を持して送り出すのは「ハンバーグ」。すでにくら寿司が牛と肉の合いびき肉を使った「イタリアンチーズハンバーグ」(税別250円)で先行しているが、「専門店にも負けない味わい」と自信を見せる。

   4月26日の商品発表会では、日本ハンバーグ協会の田形友幸理事長が、

「ビーフ100%の本格的なハンバーグが回転寿司から登場するということは、ハンバーグ業界にとって革命的な出来事。ジューシーでコクとうまみが凝縮されたハンバーグとなっており、完成度の高さに非常に驚いた」(プレスリリースより)

と評したという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中