2019年 12月 10日 (火)

明治時代にもタピオカがあった! 100年前のレシピを再現したら驚きの味に

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

ミルクと相性抜群なのは既に知られていた

   使用したタピオカは乾燥タイプの「ブラックタピオカ」。

   いま流行りの黒いタピオカで、明治時代のレシピを再現してみることにした。 その他の材料は牛乳、砂糖、卵、ゼラチン、香料(バニラエッセンスを使用)で、簡単に手に入るものばかりだ。

   「タピオカのブラマンジ」は、文字通りタピオカ入りのブラマンジェ。砂糖を入れた牛乳でタピオカを煮て、ゼラチン、香料、泡立てた卵白を入れ固めたもので、現代と変わらないレシピだ。記者はガラスのプリン用カップを使用した。

   冷えたところで逆さにし、皿にあけると、しっかり円錐の形に固まっていた。

   ぴかぴかのブラックタピオカが上面に並び、牛乳の白さとのコントラストが印象的だ。皿を揺するとプルプルと震える。

   スプーンですくって食べると、バニラの香りと練乳のような甘さが口に広がる。タピオカも牛乳で煮た効果か、まろやかだ。卵白を入れたためふわふわの部分もあり、ブラマンジェのプリプリ、タピオカのもちもちと相まって飽きの来ない食感になっている。

   「タピオカプデン」は、タピオカ入りプリン。卵黄と牛乳、砂糖、香料を混ぜ、水で戻したタピオカを入れてオーブンで焼く。こちらも現代のプリンの製法と変わらない。

   ブラマンジと同じプリン型で作ったが、こちらは「もはや液体なのではないか」というほどトロトロに仕上がった。プリン型から直接すくって食べるのがよさそうだ。

   タピオカは水で戻しただけなので、火が通っているのか不安だったが、弾力のある仕上がりになっていた。味は、甘さがしつこくない、おいしいカスタードプリンだ。

   「タピオカのマッシ」は「食道楽」に「葛のお粥のようなもの」と書かれている。西洋の胃腸病患者がよく食べていたそうだ。

   塩・砂糖で味付けした牛乳で、タピオカを40分間煮る。スープ皿によそい、食べてみた。

   当然のことながら甘じょっぱい。40分も煮続けているので、牛乳の味も濃厚になっている。

   なじみの薄い、不思議な味だ。しかし、最近どこかで経験した気がする......。

   記憶をたどると、「チーズティー」が思い当たった。ナチュラルローソンで購入した「タピオカチーズティー」に似ている。まさかここで「旬」の味に出会うとは思わなかった。

   「マッシ」は好き嫌いが分かれそうだが、「ブラマンジ」「プデン」は純粋に「おいしいスイーツ」だった。レシピも現代のものとほとんど差異がなく、古さを感じない。

   また、すべて牛乳を使ったレシピというのも興味深い。タピオカとミルクの愛称が抜群であることは、明治時代にはすでに知られていたようだ。

   「食道楽」は青空文庫、国立国会図書館デジタルコレクションにアップロードされている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!