2020年 6月 6日 (土)

新入社員が初日から在宅勤務 新型コロナで外出自粛拡大も先輩社員の胸中は

印刷

   新型コロナウイルス感染拡大の影響で、社員のテレワーク(在宅勤務)を認める企業が増えている。首都圏では外出自粛が拡大するなか、2020年4月1日に入社予定の新入社員たちにも「自宅勤務」「在宅勤務」をさせる企業が出て来ている。

   J-CASTトレンドは、「4月入社予定で、自宅勤務が決まった新入社員」を受け容れる企業の社員に話を聞いた。

  • 2020年4月入社の新入社員が「在宅勤務」に(画像はイメージ)
    2020年4月入社の新入社員が「在宅勤務」に(画像はイメージ)
  • 2020年4月入社の新入社員が「在宅勤務」に(画像はイメージ)

互いの感染リスクを減らせて「安心している」

   3月に国や東京都から随時発表される方針や社会情勢を踏まえ、この社員の会社では新入社員の自宅勤務について「検討は初旬から行っていたようだ」。期間中は、事業に関する自宅学習を主な「業務」にする予定だと語る。

   入社する新入社員は十数人レベルではないため、社員の移動や集中を防ぐことで互いの感染リスクを減らせたという点から「個人としては安心している」と、この社員は述べた。また社内で、新入社員のいきなりの在宅勤務をどう受け止めているか聞くと、次のように答えた。

「ネガティブ的な意見はなく、社員の安全を第一に諸準備に取り組んでおり、数十台の社有パソコンや社内ポリシーの緩和を行っています。社員の迅速な安全確保という基本マインドが共有できており、無駄な会議等を省き、各自の権限レベルで対応することにより、早期決定に努めているようです」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!