2020年 9月 26日 (土)

新型コロナ対策「中国から日本へ恩返し」 マスク配った中国人女性はネットの有名人

「やずや開発『にんにくしじみ』が凄い」え、初回1日約32円!

   新型コロナウイルスで、世界は大きな打撃を受けた。日本でも感染した人はもちろんだが、マスクや消毒液といった物資の不足、緊急事態宣言で飲食店をはじめとしたビジネスの休業、外出自粛による長期休校と、誰もが何かしらの形で不自由な生活を強いられた。

   日本在住の外国人は、渡航制限や入国制限により容易には母国へ戻れない日々が今も続く。不安な中、人とのつながりや協力を重視し「普段お世話になっている人のために」と活動する中国人に出会った。

  • インフルエンサーで経営者でもある曾穎さん(写真はご本人提供)
    インフルエンサーで経営者でもある曾穎さん(写真はご本人提供)
  • インフルエンサーで経営者でもある曾穎さん(写真はご本人提供)
    インフルエンサーで経営者でもある曾穎さん(写真はご本人提供)
  • 留学生だった頃のひとこま(写真はご本人提供)
    留学生だった頃のひとこま(写真はご本人提供)
  • インフルエンサーで経営者でもある曾穎さん(写真はご本人提供)
  • インフルエンサーで経営者でもある曾穎さん(写真はご本人提供)
  • 留学生だった頃のひとこま(写真はご本人提供)

武漢を怖がってほしくなかった

   2020年2月下旬、東京・JR渋谷駅前でマスクを配る「着ぐるみ」の姿があった。「武漢からの恩返し」と書かれた紙が張られた段ボールを通行人に差し出すと、通りがかった人がその中にあるマスクを手にする。2月26日付の毎日新聞はこの時の様子を、「微博(ウェイボー)に投稿された動画とともに紹介した。配っていたのは中国人の女性だが、記事に名前は見当たらない。

   匿名とした理由は、自身が経営者で中国ではインフルエンサーのため、名を明かして事業上「得」をするようなアピールは避けたかった――。こう話したのは、中国・福建省出身の曾穎(そうえい)さん。都内で、訪日外国人向けのプロモーションを手掛ける会社を経営している。

   2月、日本国内ではまだ新型コロナの感染拡大は本格化していなかったが、クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス号」の船内感染がこの月に起き、マスクが各地で姿を消していた。一方中国では、発生地とされる武漢の状況が深刻化していた。その時期にマスクを都内で配った曾さんは「武漢イコールコロナの発祥地、と怖がってほしくない」との思いがあった。

   もう一つの思いは、日本への恩返しだ。

「新型コロナが武漢で広がったころ、日本の皆さんは中国に多くの援助をしてくれました。2月に日本国内でマスクが不足しましたから、『今度は私たちが』と思ったのです」

   実際にマスクを配っていたとき、通行人の反応はどうだったのか。「私、被り物をしていたのでよく見えなかったのですが」と笑ったあと、その様子を撮影した動画を後から見て、マスクを手にした人たちの笑顔に喜びを感じたという。「謝謝」と中国語で礼を言う人もいた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!