2020年 9月 18日 (金)

新型コロナで機内のブランケット貸し出さず 寒くても耐えるだけ?航空3社に聞く

どうする老後2000万円問題!?マンション投資で備える老後資金!

   お笑いコンビ・ロンドンブーツ1号2号の田村淳さんが、搭乗した飛行機内で「困った」ようだ。機内が寒すぎたため、ブランケットを頼もうとしたところ新型コロナウイルスの感染対策のため、貸してもらえなかった様子を2020年9月9日、ツイッターに投稿した。

   ただ、寒さで震えていたら客室乗務員が最終的に貸し出してくれたという。田村さんは「今度からは半袖で半パンで乗るのはやめよう」とつづっている。これまで何の気なしに借りられていた備品が、昨今利用できない場合があるようだ。国内航空3社に、機内サービスの現状を取材した。

  • 新型コロナで機内のブランケット貸し出さず・・・寒くても耐えるだけ?
    新型コロナで機内のブランケット貸し出さず・・・寒くても耐えるだけ?
  • 新型コロナで機内のブランケット貸し出さず・・・寒くても耐えるだけ?

JALとANAは「羽織り物の用意を」と呼びかけ

「国内線の場合、普通・プレミアムクラス共に新型コロナウイルス感染対策の観点から、毛布の提供は現在取りやめています。プレミアムクラスでは枕の提供も行っておりません」

   全日本空輸(ANA)広報部は取材に対し、こう答えた。公式サイトでも「機内サービスの休止・簡素化」の説明があり、食事や飲物、機内販売や機内誌などのサービスを休止または簡素化しているという。広報担当者によると、搭乗客に「寒い」と訴えかけられた場合は「機内温度を調整して対応」するそうだが、すぐさま調節が利くわけではない。より快適に過ごすための方法として、「一枚羽織り物をご持参いただくこと」を促している。

   日本航空(JAL)も同様の対応だ。メール取材に対し、広報は国内線「Class Jおよび普通席」でブランケットと枕の貸し出しサービスを一時中止していると答えた。機内の温度は利用客によって感じ方が異なるため、「必要に応じて羽織りもの類」を準備するよう検討してほしいと呼びかけている。国際線・国内線、またクラスごとに異なるサービス提供体制になっているため、搭乗前に公式サイトで情報を確認しておくのがよい。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!