2021年 4月 17日 (土)

「100日後に死ぬワニ」映画公開へ!でも題名ちょっと違う 神木隆之介が「ワニ」に

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   ついに4コマ漫画「100日後に死ぬワニ」の映画化が、2021年2月17日に発表された。タイトルを「100日間生きたワニ」と改め、発表から100日後となる5月28日に全国公開する。

   公式ツイッターでは、20年3月に映画化を発表していたが、これまで具体的な話は出ていなかった。待つこと1年、配役は期待を裏切らないものに――。

  • 「100日後に死ぬワニ」の映画化が決定(画像は映画公式サイトより)
    「100日後に死ぬワニ」の映画化が決定(画像は映画公式サイトより)
  • 「100日後に死ぬワニ」の映画化が決定(画像は映画公式サイトより)

「カメ止め」上田監督、中村倫也に新木優子

   「100日後に死ぬワニ」は、漫画家のきくちゆうきさんが2019年12月から自身のツイッターで連載していた作品。主人公のワニが命を落とすまでの100日間の日常を、カウントダウン形式で掲載し話題になった。

   公式サイトによると、映画ではその100日間のワニの日常と、そこから100日後の大切なものを失った仲間たちの姿を描く。

   監督・脚本は、17年に公開され大ヒットした映画「カメラを止めるな!」の監督・上田慎一郎さんと、アニメーション監督としても活躍するふくだみゆきさん夫妻が担当する。声の出演は、ワニ役を神木隆之介さん、友人のネズミ役を中村倫也さん、モグラ役を木村昴さん、ワニが恋するセンパイ役は新木優子さんだ。

   神木さんは、俳優だけでなく声優としても有名作品への出演実績がある。2001年にスタジオジブリの映画「千と千尋の神隠し」に坊役で出演。16年には映画「君の名は。」に立花瀧役で主演し、17年3月に開かれた声優アワードで「主演男優賞」を受賞した。

   さらに、「人間以外の生き物」を演じたことも。映画「ドラえもん のび太の恐竜2006」で恐竜役を、テレビ東京の枠で21年1月から放送しているドラマ「おじさまと猫」では猫役を演じている。そして、今回はワニだ。ツイッターには、

「猫からワニまで振り幅やばい」

と神木さんの七変化ぶりに驚きの声が聞かれる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!