2022年 10月 3日 (月)

茨木のり子に感銘し読み返す

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

「対話」を常に自分に課す

   茨木のベストセラーの詩集『倚りかからず』(筑摩書房 1999年)にある「あのひとの棲む国」は、友人の韓国の詩人を想って詠まれた詩だが、その一節に「雪崩のような報道も ありきたりの統計も/鵜呑みにはしない/じぶんなりの調整が可能である/地球のあちらこちらでこういうことは起こっているだろう/それぞれの硬直した政府なんか置き去りにして/一人と一人のつきあいが/小さなつむじ風となって」とある。

   金氏は、「自己理解から始まる他者理解の実践のために、自分が属しているこの社会をより大きな視野に入れて考えようする際、隣国との関係は欠かせないものである」という考えが茨木にあったとする。

   最近のSNSをめぐる殺伐とした出来事に接するにつけ、後藤正治氏がいう「たとえ立ちすくむことはあったとしても、崩れることはなかった」茨木のり子の、「対話」を常に自分に課した姿勢にますます魅かれている。

経済官庁 AK

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!