2021年 6月 23日 (水)

業務スーパーのポテトがマクドナルドの味に? 作って食べたら「こ、これは」

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   「業務スーパー」で、マクドナルドの「マックフライポテト」のような商品が販売されている。そんな話が、2021年5月にツイッター上で盛り上がりをみせた。

   話題になっているのは「フライドポテト(プレミアムシューストリング)」という冷凍食品。これを利用すれば、お買い得にマックのポテトのような味を堪能できるというのだ。どれほど「本家」に近いのか、実際に調理して比較した。

  • どっちが「マックフライポテト」でしょう?
    どっちが「マックフライポテト」でしょう?
  • どっちが「マックフライポテト」でしょう?

1キログラムあたり258円

   まずは「プレミアムシューストリング」探し。都内の業務スーパー店舗に聞いて回ったところ、5店めで在庫を見つけた。どうやら良く売れているようだ。内容量は1キログラムで、記者が購入したものは258円(税込・以下同)だった。なお、「マックフライポテト」のLサイズは170グラムで330円だ。

300円もしないが大容量だ
300円もしないが大容量だ

   説明書きの通り、170℃の油で約2分半揚げる。白い冷凍ポテトをフライパンの油に放り込むと、きつね色に変化していく。2分半経過して取り出すと、マックを思わせる見た目になった。ポテトの長さが均一でないところも似ている。

業務スーパーの「プレミアムシューストリング」がマックに近いらしい
業務スーパーの「プレミアムシューストリング」がマックに近いらしい

   塩を2つまみほど振り、実食。細長くサクッとした食感と、あまり主張しないジャガイモの風味がかなり「マック」に近いと感じた。むしろ、マクドナルドのポテトフライがどんな味か思い出せない。そこで、「マックフライポテト」のLサイズを購入し、比較する。

比較のため「本家」登場だ。
比較のため「本家」登場だ。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!