2021年 8月 4日 (水)

新型コロナ長期化でストレス爆発寸前 ため込まず、親しい人と愚痴り合って

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

趣味の仲間、学生時代の友人に頼る

   しかし、親しい人と愚痴を言い合う場が、コロナの長期化で奪われたままになっている。例えば、学生ならこれまで授業の合間に友人とたわいない会話をする「隙」があった。今はオンライン授業が増え、その機会がなかなかもてない。

   社会人の場合だと、仕事はオフィシャルな関係のため、さらに愚痴をこぼしにくいと古田氏。中でも仕事で立場のある男性にとっては厳しい状況だという。弱音や愚痴を吐く場として、これまで居酒屋やスナックなどがあったが、コロナ禍ではそれも頼れない。

   人はストレスがたまると、「酒やたばこの量が増える」、「過剰に残業をしてしまう」といった、特定のものに依存する「アディクション傾向」が出やすい。これは気付かないうちに起きてしまう可能性もあり、注意が必要だ。

   古田氏は、「会社以外の関係性の中で、表現と共感の場を持てると良い」とアドバイスする。

「週末の趣味の仲間でも、学生時代の友人でも構いません。今はオンラインで話ができるので、遠方や海外に住む友人でも繋がれる可能性がありますね」

   ビデオ通話などで工夫しながら、愚痴をこぼすための一見「無駄」とも思える場を作ることが、コロナ禍では必要なようだ。

(J-CASTトレンド 宮崎くる澪)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!