2022年 1月 22日 (土)

スマホ向け新料金プラン 携帯料金の相場に一石投じた【2021重大ニュース】

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   NTTドコモの「ahamo」、KDDIの「povo」、ソフトバンクの「LINEMO」。前政権・菅義偉内閣が携帯料金引き下げを要請する中、2021年3月に始まった新料金プランだ。

   いずれも月3000円弱で通信データ容量20ギガバイトまで利用可能で、5G(第五世代移動通信システム)通信に対応。一方、申し込みやサポートは店頭ではなくオンラインという形をと理、キャリア提供のサービスの多くは使えない、これまでとは異なる点も多い。

  • 「ahamo」はドコモショップでも有料サポートを受けられるようになった
    「ahamo」はドコモショップでも有料サポートを受けられるようになった
  • 「ahamo」はドコモショップでも有料サポートを受けられるようになった

キャリアメールサービスがなくて戸惑う

■「ahamo」「povo」「LINEMO」でキャリアメール消える それはイヤと嘆く人たち

   通信会社が提供する「@docomo.ne.jp」といった「キャリアメール」は、上述の3料金プランでは提供されていない。1日にキャリアメールを1件も送信しない人が全体の約6割という調査もあり、もはや無用の長物かにも思える。一方で、「知り合いとの縁が切れてしまうかもしれない」など、キャリアメールの廃止に戸惑う人もいた。

■「ahamo」で5Gつながるはずなのに 勝手に4Gに切り替わる

   5Gに対応しているはずなのに、利用中のahamo回線が旧来の「4G」にしかつながらないという嘆きの声をSNS上で複数見かける。調べていくと、5G対応エリア内にいても、いつの間にか4G回線に切り替わることもあるようだ。

■「ahamo」ドコモショップで「手続きサポート」 申し込みはネットのみのままだが

   オンライン限定でサポートを提供してきたahamo。一方、4月22日からはドコモショップ店頭でも ahamo公式サイト上での契約といった手続きを補助するサービスがはじまった。ただし、手数料3300円(税込)が必要となる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!