2022年 5月 26日 (木)

硬貨の取り扱い手数料払わず済ませたい 納税?アプリ?アイデアあれこれ

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   【J-CASTトレンド・今週こんなことがありました】

   オミクロン株が猛威をふるう日が続く。節分の日、例年であれば豆まきが見られたが2022年は昨年に引き続き中止となった。

   J-CASTトレンドでは、ゆうちょ銀行が2022年1月17日に新設した「硬貨取扱料金」や「ATM硬貨預払料金」をめぐる話題が、引き続き注目を集めた。

  • 小銭が引き続き注目集めた1週間(画像はイメージ
    小銭が引き続き注目集めた1週間(画像はイメージ
  • 小銭が引き続き注目集めた1週間(画像はイメージ

手数料が入金額上回るなんて

■「硬貨の入金有料」対策になるか 「コインスター」で商品や紙幣と交換

   ゆうちょ銀行の窓口で硬貨を入金すると、「硬貨取扱料金」により51~100枚だと550円かかる。1円玉のみの入金した場合、手数料が金額を上回り損するかもしれない。そんな時は、スーパーマーケットなどで提供されている「コインスター」というサービスが対策になるかも?

■大量の硬貨を無料で交換できる ネット上にマッチングツール続々

   なるべくお金をかけずに大量の硬貨をどう処理するか、インターネット上ではたびたび話題になる。飲食店などでは、紙幣を硬貨に交換したいパターンも。それぞれの課題を解決するため、インターネット上では「マッチング」できるツールが続々と誕生している。

■「硬貨で納税」税務署は断れない ひろゆきの指摘に国税庁、銀行の答えは

   「税金を払うときに硬貨で支払うと税務署は拒否できません」。ひろゆき(西村博之)さんがツイートしたこの内容は本当なのか。税務署を管轄する国税局、ゆうちょ銀行などに取材した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!