2022年 5月 27日 (金)

オミクロン死者数多い謎 重症は少ないのに...目立つ高齢者と容体急変

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   オミクロン株による新型コロナウイルスの死者が急増している。2022年2月15日から3日連続で200人を超えた。ところが重症者の数はあまり増えていない。重症者数に比べると、死者が異常に多くなっている。なぜなのか。

  • オミクロン株は、死者の数が多いのに、重症者の数は少ない
    オミクロン株は、死者の数が多いのに、重症者の数は少ない
  • オミクロン株は、死者の数が多いのに、重症者の数は少ない

「いきなり重症化」

   NHKのまとめによると、デルタ株による第5波で死者が最も多かったのは2021年9月8日の89人。この時の重症者は、2211人だった。ところが、第6波では22年2月17日、死者271人に対し、重症者は1469人。オミクロン株は、死者の数が多いのに、重症者の数は少ない。

   そもそもオミクロンは軽症が大半と言われていたのに、なぜこんなに死者が増えるのか。

   西日本新聞は17日、「『いきなり重症化』 第5波の3倍...オミクロン株で死者が最悪ペース」という記事を公開している。

   それによると、第6波では70代以上の死者が9割を占め、第5波の7割を上回っている。また、大阪府の調査では、重症者に占める70代以上の割合は、第5波は18.4%だったのに対し、第6波は67.7%。死者も重症者も、オミクロンでは高齢者に集中していることがはっきりしている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!