2024年 3月 1日 (金)

「PS5」発売2年まだ買えない それどころか値上げまで【2022年ヒット記事(1)】

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   「品薄のゲーム機」と耳にしたら、「プレイステーション(PS)5」を思い浮かべる人は多いのではないだろうか。

   発売から2年目の2022年、PS5をめぐってはメーカーやゲームファンの間でさまざまな動きがあった。

  • 「プレイステーション(PS)5」 品薄完全解消の日は
    「プレイステーション(PS)5」 品薄完全解消の日は
  • 「プレイステーション(PS)5」 品薄完全解消の日は

買えなさすぎてむしろ需要減?

■PS5に新たな転売対策 ソニーから「開封済シール」TSUTAYAとゲオが活用

   ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)は2022年3月までに、PS5取扱店へ向け「開封済シール」の配布を開始した。「開封済」のフレーズが繰り返し印刷されたシールで、PS5の箱に貼ると、剥がすのが難しい。これは、転売対策の手段として活用されている。

■PS5転売もうなんでもあり 「包装袋に×」「開封済シール」も関係ねえ

   開封済シールのほか、店舗によっては販売時に箱にペンで何か文字を記入する、包装袋に「×」印を記入するといった対策がとられるようになった。転売する上での商品価値を下げるためだろう。ところが、メルカリではお構いなしとばかりにこうした対策を施されたPS5が出品され続けている。

■「PS5」ソニー決算説明会で質問続出 品薄どころか需要減の意外な可能性

   ソニーグループは、2022年度の決算説明会を5月10日に実施。参加者からはPS5について「品不足はこれから解消に向かうとみているのか」との質問が飛び出した。会見を視聴していたアナリストに今後の見解を取材すると、PS5があまりに手に入らないために、むしろ需要が下がる可能性があると指摘した。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!