2024年 4月 22日 (月)

「マイナンバーカード」まだまだ未申請者いる 交付受けていないワケ

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

【J-CASTトレンド・今週こんなことがありました】

   最大2万円分のポイントがもらえる「マイナポイント第2弾」。申込期限は2023年5月末だが、その対象となるマイナンバーカードの交付申請期限は、2023年2月28日で終了した。総務省に取材したところ、マイナンバーカード申請件数は9415万件で、全国民の74.8%にあたる(3月8日時点)。

   約4分の1が申請をしていないことなる。マイナポイントをはじめとした普及策をスルーし、現在も未申請の女性に取材すると、「カードの運用面や情報管理に不安がある」と語った。

  • 「2万円分のマイナポイント」スルーしてまで未申請の理由を聞いた
    「2万円分のマイナポイント」スルーしてまで未申請の理由を聞いた
  • 「2万円分のマイナポイント」スルーしてまで未申請の理由を聞いた

「マイナ保険証」への一本化も迫るが

■「マイナンバーカード」2万円分ポイントもスルー 申請しなかった人の本音

   マイナンバーカードをめぐる普及策はポイントだけではない。2024年秋には健康保険証と一本化し、「マイナ保険証」を作る予定を厚生労働省が発表している。未申請者にその理由を聞くと、率直な声が返ってきた。

■LINEで「ChatGPT」使える 「友達登録」するだけ、主婦層にも人気

   対話型AI(人工知能)「ChatGPT」と、コミュニケーションアプリ「LINE」を使って手軽に会話できるサービスが登場している。3月2日に公開されたアプリ「AIチャットくん」だ。主婦層や小学生にも、幅広く使われている。子育ての相談や、親子丼や他人丼の調理レシピを教えてもらう、といった活用がなされている。

■撮影した写真がNFTに 仮想通貨不要のカメラアプリ「SNAFTY」

   カメラアプリ「SNAFTY(スナフティ―)」が3月1日にリリースされた。アプリを通じて撮影した写真を、NFTとして販売できる。NFT出品者は事務所に所属するタレントに限っているが、開発会社の担当者によると、今後はインフルエンサー、アイドル、ライブ配信者のNFTも販売予定という。

■堀江貴文氏「HORIE MOBILE」始動 「Web3.0」に進出、トークンがカギに

   携帯電話回線ブランド「HORIE MOBILE(ホリエモバイル)」が誕生した。実業家の堀江貴文氏が手がけるMVNO(仮想移動体通信事業者)ブランドだ。利用者には、「デイリーホリエニュース」として、堀江氏が音声型プラットフォーム「ZATSUDAN」などで発信するビジネスや政治に関するニュースの配信を実施。さらに、携帯電話料金の支払いを通して「トークン」(一般的に暗号資産や仮想通貨のこと)をためられるサービスも考えているという。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!