「密室」マジシャン死亡事件 小倉の推理は?

印刷

   高知市の自宅でマジシャンが死亡し、妻も顔をけがし一時意識不明になっていた事件を取り上げた。自宅はすべてカギがかかっており、凶器も発見されていない、と報告した。

   死亡したのは、地元テレビ出演などで著名なベンジャミン・UWANO(52)。鈍器のようなもので頭を殴られたとみられ、脳挫傷が死因だった。2008年3月31日、業者にカギを開けさせた親せきが発見した。マジシャン、「密室」とくるとミステリー風だ。

   小倉が殺人事件なのか、と質問すると、レポーターは警察はこれまでのところ捜査本部を設置していない、と明かした。

   番組は、被害者の弟子たちを取材した。経済的には順調なようで人から恨まれるようなこともなく、夫婦仲も良かったそうだ。ただ、被害者宅は普段カギがかかっておらず、本人たちが外出時にも弟子たちが気軽に荷物の搬入などが出来たそうだ。カギがすべてかかっていた、という情報に「おやっと思った」と話す弟子がいた。

   小倉は無理心中の可能性も質問したが、レポーターは警察は全ての可能性を視野に入れていると答えるに止まった。小倉は、被害者の妻の話が出てくるのを待つ姿勢を示した。

   1つ前の話題で母親が9歳の長男の首を絞めて殺害した事件について「どう推理していいか分からない」と話した小倉は、ここでも踏み込んだ推理は披露しなかった。

   「ベンジャミン・UWANOホームページ」には、「現時点で、テレビのニュース報道以上の情報はわかっておりません。各所からの正式な発表をお待ちください」とする記述があった。

文   赤坂和郎
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中