2020年 12月 1日 (火)

中国「パンダ外交」に踊る日本

初心者向け資産運用相談で、現金6,000円もれなくプレセント中!

   体調を崩して公開が中止されていた上野動物園のパンダ、リンリンが死んでしまった。人間でいえば70才くらいだったとか。残念なニュースだが、そこでがぜん注目されるのが、中国の胡錦濤主席の来日。新たに2頭のパンダを日本にと、調整が進められているらしい。

外交の切り札は……

   笠井信輔アナが「得もりボード」で「中国の巧みなパンダ外交戦略」をとり上げた。

   笠井によれば、中国のパンダ外交は3つの時期に分けられるという。(1)プレゼント外交の時代 (2)トレード外交の時代 (3)レンタル外交の時代 とのこと。

   1972年、田中角栄首相のときに日中国交回復が実現し、その記念にカンカン、ランランが日本に贈られたようなケース。これが(1)。ところが、ワシントン条約成立に伴って絶滅の恐れのある動物の輸出入が難しくなり、繁殖目的などのために各国間でパンダをトレードせざるを得なくなって(2)に。そして現在は、例えば日本のようにパンダを国民に見せたい国と、そこに貸して収入を得る中国の利害が一致して、パンダ・ビジネスが展開される(3)になっているのだという。

   リンリンを除いて、日本にいる8頭のパンダは、いずれもレンタルされてきたようだ。リンリンは唯一、日本に籍があったのだ。その死で、浮上するのが「パンダ戦略」である。

   中国には餃子、オリンピック、環境問題、日本にはガソリン、年金、医療と、困難な状況が横たわるなかで、「パンダを貸してくれれば何かいいことが起こるかもしれない」(笠井)というわけである。「つがいのレンタル料の1億円をどこが出すのか、都の動物園だから東京都が出すのか、話題になりそう」(同)。

   「外交の切り札はパンダしかないみたいな感じ」(小倉智昭)というのが、どうにも情けない。 

文   アレマ| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
  3. 眞子さんは穏やかそうに見えて、秋篠宮家の中でも最も性格が強いという。声明の「生きていくために必要」というのは、換言すれば"結婚できなければ世を去ります"とも受け取れ、周囲は眞子さんの覚悟の凄さにひれ伏した。眞子さんに密かにエールを送っていたのが当時、皇太子だった天皇だというのだ。
  4. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  5. 携帯電話の料金値下げはいつから?専門家は「来春まずドコモから。他の2社はドコモに合わせて1か月後。ただし2割程度」と予想
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中