北島よ舞え! 水着姿で「そんなの関係ねー」(コメントの窓)

印刷

   北京五輪へ向け、日本水泳連盟は2008年6月10日、記録を連発している英スピード社製水着の着用「オープン化」を認めた。

   今回取り上げるのは、スーパーモーニング通信簿記事「五輪水着問題をスイスイ泳ぐ視点」(08年6月9日)に寄せられた「コメント2:ケンドー野放し」。「スピード社の水着は小島よしおが着るに限る。そんなの関係ねえッと」

   小島よしおといえば、水着姿で「そんなの関係ねー」とアクション付きのギャグを披露する芸人だ。

   契約問題が絡み、何かと話題が水着問題に集まった日本競泳陣。そんなモヤモヤを吹き払いたい空気があるのか、北島康介選手も世界記録を出した6月8日のレース前、「泳ぐのは僕だ」と日英中3か国語で書かれたTシャツを着ていた。記録を出すのは選手であって水着じゃない、というアピールだろう。

   今回取り上げたコメントは、まさにこうした選手たちの気分と重なる部分がありそうだ。着用が認められたスピード社製の水着で泳ぐには慣れが必要、との指摘もある。選手たちが、一刻も早く水着問題なんか「関係ねー」という環境で、五輪本番へ集中できることを望みたい。

テレビウォッチ編集部)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中