やっくんの「うまさ」と「はなまる」3000回の関係

印刷

   <テレビウォッチ>TBSの「はなまるマーケット」。岡江久美子と薬丸裕英がずっと司会を務め、このほど3000回記念を迎えた。長寿番組とはいえ、曜日レギュラーに北陽の2人や菊池桃子が新たに登場するなど、若返った観もある。

   やっくんの有名人インタビューをみると、さすがに11年以上やってるだけあって、処理能力が高くなっている。飾らないというか、妙にオーバーな反応をするのではなく、相手の生地を引き出そうとしている。それでいて見ている人を楽しませようという心配りもできている。岡江久美子もいいポジショニングだ。

   長寿番組になると、ワンパターン化が問題になるけど、この番組はうまく「ちょっとリニューアル」を取り入れ、魅力を維持・増進させているようだ。元気があって面白い。

      脇役も リニューアルして 元気モリモリ

   *<編集部注>*
J-CASTテレビウォッチで連載中の「横澤彪のチャンネルGメン69+1」が、「テレビの貧格」(東洋経済新報社、1400円=税別)として出版されました。出版を記念して、テレビウォッチでは、横澤さんの直筆サイン入り「テレビの貧格」を5人の方にプレゼントします。みなさんに川柳に挑戦して頂き、「優秀賞(Gちゃん賞)」に選ばれた5人の方へ郵送させて頂きます。詳しくは以下の記事に載っています。なおケータイからは、応募欄へのアクセスはできません。PCのご使用をお願い致します。

   *「『川柳で 横澤さんに 挑戦だ』 サイン本プレゼント」(2008年6月24日)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中