歌舞伎町ビル火災から得た教訓とは

印刷

   <テレビウォッチ>放送時点で、間もなく判決が出る予定だった新宿歌舞伎町ビル火災。「火災があった現場にスパモニ機動中継隊の吉田ディレクターが行っています」と赤江珠緒キャスターが呼び出す。

教訓を生かせる判決に

   番組がこだわり続ける「機動中継隊」なる呼称を除けば、おかしなところはない。問題のビルは2年前に取り壊され、鉄板で覆われている。道行く人も気に留める様子はない。リポートの内容も妥当なものだが、なんか変な感じだ。

   思うに、吉田の白いポロシャツ姿の上半身だけが映っていて、背景との遠近感に違和感があったせいなのだろう。

   リポートが終わり、終了時間が迫っているらしく、「事件がせめて教訓に……」と赤江があわただしく言うと、「教訓を生かせる判決になってほしい」と鳥越俊太郎が締める。いったいどんな判決なのかわからなかったが、これは明日のスパモニで長々と解説してくれるだろう。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中