五反田ラブホという訳もいかず… 外務官僚のプライド

印刷

   <テレビウォッチ>またもトンデモ役人の話題である。今度はホテル代の"踏み倒し"。

どうするんですかね

   外務省経済局の男性官僚(40)が都内ホテルのセミスイート(1泊5万2500円)に293日間、宿泊して、その代金1500万円以上を支払わず、トラブルになっているのだ。

   みのもんたは、「この役人、何考えてんだ」と怒る。

   2年前の6月から昨2007年の4月まで、家庭の事情でホテル暮らしをつづけ、そこから外務省に出勤していたらしい。官僚は再三再四の支払い請求にも応じなかったが、ようやくこの7月になってホテル側に謝罪文を出した――1人の人間として恥じ入るばかり……今の自分にはとても支払い能力はありません。せめて金額を一般客室料金×宿泊日数にしていただけないでしょうか――

   なんか情けない感じだ。ホテル側は「これまで誠意ある態度が一切、見られなかった」と、刑事告訴、民事訴訟を検討中だという。

   「外務省はどうするんですかね」(みの)。

   嶌信彦(白鴎大学教授)は「事情を聴くでしょうね」と言うが、基本的には個人的な話として当事者間での解決を指導するようだ。

   ホテル側がなぜセミスイートを用意したのか、強く請求をしたのかどうかなど、よく分からない点もあるが、外務官僚の特権意識がなせるワザであることは間違いない。

文   アレマ | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中