景気悪いので 政治家・官僚ボーナス「ゼロ」に

印刷

   「景気が悪いので、政治家と官僚の冬のボーナスを0円にします」。太田光総理(爆笑問題)が叫ぶ今回の法案は、景気と冬のボーナスという2点タイムリーなテーマに、政治家・官僚を絡めたものだ。

政治家だけなら…

   景気が悪化し、中小企業などにおいてはボーナスゼロ、倒産夜逃げの不安も叫ばれるなか、国会議員には1人平均約330万円、官僚は69万円、総額2500億円(昨年実績)のボーナスがぬくぬくと払われるという。庶民と同じ痛みを味わっていただこうとの趣旨である。

   どれだけ景気は悪いのか――グラビアなどでも活躍する優木まおみが証言する。「写真集の売上げが落ちてる。値下げとか露出とか頑張っても、景気が悪くて――」。「自分の写真集が売れてないだけだろ」とクサすソーリに、「私の写真集はニーズがある」と優木は憤慨。アッキーナこと南明奈も「私もそう(景気が悪くて売れ行きが悪い)と言われたことがある」と優木説を支持する。

   さて、そんなバラエティムードのなか、ソーリの天敵、政治コメンテーター金美齢はダースベイダーのテーマ曲を付けたくなるような怖面で登場し、物言いをつける。「法案に賛成する国会議員は、法案が通ろうが通るまいが、ボーナスを返上する覚悟があって、座ってるのか。返上すると声明してください」

   これに「(与党議員として、不景気に)何も手を打てないなら」と条件つきで回答したのは、公明党の西田まこと議員。この説明に納得が行かないのか、金は再びこの質問を持ち出す。ソーリの天敵だが、頑固で偏屈、興奮しやすいなど、多くの共通点も見いだせる。

   と、ついに「ボーナスを寄付します」(民主党・藤末健三)、「返上します」(自民党・森まさこ)と約束する声が上がった。なぜか西田の声明はなかった。

   そして、今度は「政治家だけならいいが、官僚ボーナスゼロは無理」と法案に反対する中川雅治(自民党)に、ソーリが迫る。「金さんは、『ここでの発言に責任を持て』と言った。政治家だけならいいんでしょ」と、こちらもしつこい。そして、中川も「貰わない」と宣言したんである。

   普段は、もう1人の天敵ケビン・クローンが指摘するように、番組の「小さな国会」の法案は一向に現実に反映されない。それが、今日は大きな国会の議員に約1000万円分のボーナスを返還させる(予定)という大きな!?成果をもたらしたのである。法案も可決され、ソーリは満足そうな表情であった。

ボンド柳生

太田光の私が総理大臣になったら…秘書田中(日本テレビ系)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中