政党助成金なんて必要か その分景気対策へ回せ!

印刷

   <テレビウォッチ>国政からムダをなくすぞと、勇ましい民主党政権。しかしその一方で、マニフェストにはカネのかかる無料化政策が山積みで、財源は大丈夫なのかとの心配は絶えない。そこで「そんなにカネ(財源)がないなら、政党助成金を回してもいいんじゃない」と考えた太田光総理(爆笑問題)は「政党助成金はすべて景気対策にまわします」とするマニフェストを小さな国会に提出した。

   振り返ってみれば、とにかくカネまみれの政党、政治家を更生させてあげ、ひいては政権交代可能な2大政党制をつくるためにつくられた政党助成金。現在では、税金から年間総額約320億もの補助金が政党に投入され、多くの党が財政を助成金に依存してるという。

   もちろん、番組に出演した政治家たちのほとんどは、実質、助成金廃止のこのマニフェストには反対だ。「日本では個人献金がまだ根付いてない。今のところ、野党自民党を守るためにも助成金は必要」と田村謙治議員(民主党)。「政党助成金のおかげで、今回は民主党の新しい人が当選できた。それはいいこと」と石破茂議員(自民党)。

   ところで、助成金は実際どんなことに使われてるのか。政党本体のほかに、議員個人にも回っているという。出演者の議員の何人かの収支が紹介されたが、なかには「驚きの」使い道もあった。年間で1000万円を受け取った民主党の藤末健三議員は「コーディネート相談料」を年間で36万計上。「ボクは服のセンスがないので、テレビとかに出るときにコーディネートしてもらって……」。自民党の山本一太議員は年間3500万から「地図購入費」に200万を費した。

   ウワサでは、ゴルフの代金に使ったり、妻にブランドものを買ったりする不届きな議員もいるというが、メインはやはり政治活動の宣伝やポスターなど。

   「相手がポスターをたくさん張ったら、自分も張らざるをえない」。ソーリの天敵の呼び声も高い石破はそう主張する。そういえば、番組の常連だった民主党の原口一博議員は現役閣僚になり、さすがに毎週のように出ることは難しそうだが、代りは前大臣の石破になるのだろうか。そんな石破にソーリは「(自民党が)負けてしまったんで石破さんも暇になって、この番組に出れるようになった」と軽くご挨拶。

   とにかく政治、とくに選挙にはカネがかかるといった石破の話に、ソーリは「つまり選挙が大事ってこと?」と不服顔だ。「選挙活動は大事じゃないんだよ、オレたちには。選挙に勝つための活動が大事だって言われたら、それは我々には関係ない」

   「選挙で勝つには、どういう政治活動してるのか――(わかってもらわないと)」と石破はなおもねちっこく説得を試みるが、「ポスターつくって、そこら中に気持ち悪い顔張るわけでしょう」とソーリも負けじと即座に言い返す。2人の言い争いが決着を見ることは永遠になさそうだが、とりえあえずマニフェストのほうは投票の結果、僅差で否決された。

ボンド柳生

太田光の私が総理大臣になったら…秘書田中(日本テレビ系)
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中