2018年 6月 20日 (水)

海老蔵のウソの見抜き方 元裁判官がチェック!

印刷

<テレビウォッチ> 歌舞伎俳優の市川海老蔵(31)とフリーキャスター、小林麻央(27)が、近々婚約することを明らかにした。

   番組は、海老蔵が11月19日夜に報道陣を前に語った喜びの声を取り上げた。

   まず、2人の交際のきっかけとなった日テレ系報道番組(『NEWS ZERO』) での対談の印象から。

「素敵な方だと思いましたね。この人と一緒になるかもしれないと一瞬思ったかもしれません。彼女に聞いたら、あまり思わなかったと言っていましたが……」

   結婚を決めた最大の理由は?

「結婚したいと思ったからです」

   年貢の納め時と思われた?

「そう言われると思った。素敵な方なんで納めざるを得ない、うーん。もういいですか? ぼくもZERO見たいんで。緊張しているだろうし、見守ってあげたい」

   きっかけは昨2008年12月の対談だが、交際を始めたのは今年6月末という。その後、7月末にはテリー伊藤が海老蔵にインタビューしている。

   番組は、その時の一部をVTR で流したが……そこでは海老蔵は「朝起きてから芝居に行って、芝居しかしていないですよ。テリーさんに気を使ってコメントするなら、多少時間があったら女の子とデートして……出来てないですけど」と。

   これにテリー伊藤が「じゃー、出来ているんですね」とやり返すと、海老蔵は上を向いたり、横を向いたりし「いやー、どうですかね~」と、とぼけた。

   結局、出来ていたわけだが、スタジオの元裁判官、八代英輝が「付き合っている時に隠そうとする表情はあーなんだ。左を向くんだ」と、つい元の職業意識を??

   挙式は未定のようだが、報道陣から小林が仕事を継続することについて聞かれた海老蔵は「やりたいならやればいい。彼女の人生ですから。僕はずっと愛し続けます」と、ズバリ愛の表現を……。

文   モンブラン
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中