海老蔵「婚約から結婚まで」 見せた不安とノロケの現場

印刷

<テレビウォッチ> 明日夜(3月16日)日テレ系でドラマ「霧の旗」が放送されるのを前に、主演の市川海老蔵とテリー伊藤の対談(収録)が番組内で流れた。

想いを強くしないと…

   ドラマの共演者の相武紗季によると、「現場では(小林麻央の話で)ノロケていた」という海老蔵だが、「結婚して変わったこと」(番組のテロップ)を語る際には、少々シリアスな表情を見せた。なお、2人は3月3日に未公表で入籍しており、それが8日ごろには報道等で判明したが、この対談は8日以前に収録されたようだ。

変わった?

   「『婚約』して変わりましたか?」と聞くテリーに、海老蔵は「(結婚までには)2人で解決しないといけないことがある。ああ大変なんだなあと。より一層彼女への想いを強くしないと乗り越えられないのかな」などと、少々不安な感じの心境を語っていた。

   ただ、これはあくまでも結婚を「目の前」にした心境である。つまりは、海老蔵お得意のカモフラージュ作戦(結婚はまだ先ですよ)にまたダマされたインタビューを、ドラマ宣伝の都合上、流さざるをえず、テロップ等を修正した――というウラがあったようだ(収録が3月3日よりかなり前だった可能性もあるが…)。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中