大嶽親方「悪いのは自分。琴光喜助けて」涙の訴えにシラけ空気

印刷

   野球賭博問題で渦中の大嶽親方が各局同様に、スパモニのインタビューにも応じた。

   「悪いのはぜんぶ自分」であり、自分の追放処分は仕方ないが、琴光喜まで追放されたら悔やんでも悔やみきれない。「なんとか琴光喜を助けてもらいたい」――と涙ながらに訴えた。琴光喜が賭けた分のほとんどは自分が頼んだものであり、琴光喜が協会に対してウソをついたのも「自分をかばってやってくれたこと」だそうだ。

巨砲「ちゃんと受け止めないと」

   元関脇の感情、感傷的なお涙激白に対して、スタジオの反応はわりと冷静というか冷淡だった。ゲスト出演した大嶽部屋の元部屋付親方の巨砲は、「琴光喜のことは協会もいろいろ調べて判断してるので、それはちゃんと受け止めないといけない」

話に無理がある

   森永卓郎は「いちいち琴光喜を経由して賭けを頼むってのは不自然。直接頼んだほうが早い。琴光喜を守りたいのはわかるが、話に無理があるんじゃないか」

   鳥越俊太郎だけは「自分で罪をすべて被ろうという心情のようなので、僕は汲んであげたいな」と同情しきりなようであった。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中