「デパート銀座戦争」三越リニューアル迎え撃つ松屋

印刷

   高級ブランド店がひしめく東京・銀座で、最近は若者向けのファストファッション店の勢いがいいが、老舗中の老舗、銀座三越が明日11日(2010年9月)にリニューアルオープンする。

   し烈な集客競争の真っ只中、銀座三越はどう変わるのか、その新戦略を「NEWSッス」コーナーで大竹真アナが取り上げた。

高級ブランド売り込みに違い

   生まれ変わった銀座三越は、売り場面積を従来の1.5倍に拡大して銀座で最大規模のデパートになった。新しい店舗戦略は、たとえば婦人服売り場ではブランド同士の仕切りを取り外し、複数のブランドの中から顧客が好みで組み合わせて試着できるようにした。

戦略は真逆

   三越伊勢丹ホールディングの石塚邦男社長は、「オープン1年目の売上高は630億円を見込んでいる。失敗は許されない」と語る。

   銀座でナンバー1の売り上げ(560億円)を誇り、迎え撃つ形になった1軒置いて隣りの松屋銀座も秘策を練る。銀座三越とは逆に、人気ブランドを集めたフロアをつくり、それぞれの高級ブランドが持つ世界観を前面に打ち出し攻勢を狙うという。

   司会の加藤浩次は「真逆って考えていいんですかね」と聞くと、大竹は「そうですね。ただし、『高級路線』という共通点はある」という。

   このあと飛び出したのが漫画家・さかもと未明のファッション論。

   「ファッションはもともとバカバカしいものだから、高いものを頑張って買って元気になればいいんですよ。それがファッションの良さ」

   これには加藤が吠えた。

   「バカバカしい~って、テリーさんがいたらぶっとばされますよ。居ないのをいいことに…」

   それはともかく、両デパートが争う『高級路線』はいま一つ分かりにくいが、大竹が最後に締めた。

   「お目当てのブランドを買いに行こうというのが松屋。何か素敵なバッグがないかしらと買いに行くのが三越」

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中