2019年 10月 23日 (水)

「スーパー堤防」完成まで400年―本気でそんなこと考えているの!?

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   中野美奈子アナが1枚の写真を出した。田舎町の風景に「1600年」と書いてある。これが岐阜県の関ヶ原町。関ヶ原の合戦はちょうど400年前だ。

   きのう(2010年10月28日)の事業仕分けで、400年かけて完成する大事業というのを仕分け人が「スーパー無駄遣い」と切って捨てた。関ヶ原は400年という時間を実感させるのに引き合いに出したものだった。

未完成部分から大洪水

   バッサリ切られたのは「スーパー堤防」。究極の河川防災策といわれ、巨大な堤防の内側に町を再整備するというものだが、1987年から始まって整備率はたったの5.8%。

400年もかかる

   これに蓮舫・行政刷新担当相がかみついた。

「400年かからないと完成しない。いまから12兆円かかる。これ現実的な話だと本当にお考えですか。200年に1度と想定した雨量で決壊した場合に、被害はどれだけ抑えられるのでしょうか」

   国交省「被害(の資料)は持ち合わせていない」

   蓮舫「それを整備とは言わないのではないのではないですか」

   津川祥喜・国交政務官「スーパー堤防ではなく。堤防の強化という対応の方が現実的」

   スーパー堤防の予算は廃止になった「社会資本整備事業特別会計」のなかの「治水勘定」の一部。 他に道路整備、港湾、空港整備などの勘定があるが、借金が多すぎる空港整備をのぞいて、あとは一般会計に入れることになった。

   「ただ、これには法改正が必要なので、ねじれ国会でどうなるか」と笠井信輔キャスター。

   司会の小倉智昭「完成までに400年 かかるのってねえ」

   ノンフィクション作家の岩上安身「できてるところでも100メートルとか200メートルとかだから、できてないところから決壊しちゃえば、ハイ大洪水でした、ダメでした、ではなんにもならない」

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中