エスパー伊東「酒やめたら睡眠時間短くなった」

印刷
「大好きな酒を休んでみたらすごく体調がいい」

   1月13日(2011年)のブログでそう語るのは、体を張った一発芸でおなじみのコメディアン、エスパー伊東。1週間断酒したことで、9時間以上必要だった睡眠時間が、6、7時間で足りるようになったという。

「それだけ酒で肝臓、膵臓、腎臓、胃腸にダメージがきているから睡眠時間が余分にいるのだ。アルコールは体内に入るとアセドアルデヒドという毒に変わり肝臓で分解されるが多量の活性酸素を発生する」

   エスパーは酒を飲み始めたら止まらなくなることもあるといい、「時間はいくらでもほしい。だけど睡眠時間を削ると眠いし、睡眠時間を削る薬があったら買いたい」としている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中