相武紗季85キロの大デブ!ダイエット成功したのにリバウンド

印刷

   もちろん、相武紗季が体重85キロになったわけではない。テレビ朝日系の春ドラマ「リバウンド」(水曜夜10時)で、太っているためにフラれ、一念発起してダイエットしたら、そこにイケメンのパティシエが現れてリバウンドのピンチに……。そんなヒロインを演じるのだ。

   大場信子(相武)は四国・松山のとんかつ屋の娘で、とんかつとケーキ三昧の日々を過ごし、小学6年生ですでに60キロ、20歳になったときには85キロにもなってしまう。おかげで彼にはフラれ、就職もままならない。「やせてやる!」とケーキ断ちして始めたダイエットで37キロの減量に成功。出版社の仕事も決まった。

   ところが、取材で出会ったパティシエ「スウィート王子」(速水もこみち)にイチコロ。彼の気を惹くためにケーキを食べて続けて、またあの大デブにリバウンド。やせるべきか、ケーキを食べるべきか悩む信子。ケーキとイケメンとダイエットとリバウンドと、まあ、若い女性には受けそうなドラマだ。

   この役作りのために、相武は特殊メークで85キロまで太る。ブクブクのボディスーツを着込み、顔や顎にもたっぷりのお肉を貼り付け、手足もぶっとく変身する。このメークには2~3時間かかり、撮影のたびに特殊メーク制作会社のプロが『デブ紗季』を作り上げる。  相武は「みなさんも楽しみでしょうが、私自身も太った自分を想像してワクワクしてます」と語っている。(テレビウォッチ編集部

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中