バンクーバー五輪「カーリング」活躍!みのもんた大はしゃぎ

印刷

   <1年前のワイドショー通信簿>カナダのバンクーバーで冬季オリンピックが開かれていた1年前。日本勢は前半は予想以上の不振で、中継放送もいまひとつ盛り上がっていなかったが、そんななかで人気を博したのが女子のカーリング。それまでどんな競技かよく知らなかったという人まで、ストーンが投じられるたびに一喜一憂、強豪ロシアに逆転したときが最高潮だった。ワイドショーがこれを見逃すはずはない。とりわけ、オジサン代表のみのもんたは興味をそそられたらしい。

   みのが司会を務めるTBS系「朝ズバッ!」は「盛り上がるカーリング『ゲートボールっぽい』の声も」(2010年2月22日)、「カーリングのかけ声の秘密 なるほどそういう意味か」(2010年2月23日)と連日取り上げ、「カーリングって、歳を感じないでできそうじゃない」「(選手に)マイクもついてる」といささか脱線気味の感想、さらには「カーリング・バーガー」「カーリング娘まんじゅう」などをスタジオに持ち込んで、「食べるときは(選手たちのように)片膝ついて食べてください」と大はしゃぎだった。(テレビウォッチ編集部)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中