2018年 7月 20日 (金)

「福島メルトダウン隠し犯罪行為」(元東京地検検事)

印刷

   「今頃なぜ、こういう大事な事を公表するのかわからない。もっと早い段階でこうなっているだろうと分かっていたはずだろうに、今まで何をやっていたのか。東電が何を考えているのかわからない」と司会のみのもんたは言葉を強めた。東京電力・福島第一原子力発電所事故で、1号機に続き2号機と3号機でも炉心溶融が起きていた事が判明した。

国民の知る権利ないがしろ

   井上貴博アナウンサーが解説する。

説明して欲しい
「今回の事故では震災直後から水漏れが始まり、原子炉内にあった燃料棒はすべてむき出し状態になったようです。その後、それが全て溶け落ちて圧力容器はもちろん、格納容器にまで損傷が及んでいたようです」

   コメンテーターの若狭勝(元東京地検公安部長・弁護士)「東電は国民の知る権利をないがしろにしている。これだけの大事故を起こしておいて、情報を小出しにすることは許されない。犯罪行為にも等しい」

   みの「今でも水蒸気が吹き出している。あの煙の中に有害な放射性物質が含まれていないのか。東電にきちんと説明して欲しい」

文   ナオジン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中