2018年 7月 22日 (日)

庄司智春「子供のころの文学全集iPadで今読んでる」

印刷

   最近、iPadで文学作品をあらためて読み出したのはお笑いコンビ「品川庄司」の庄司智春だ。

「趣味を読書にしたくて頑張ってます」「しかもiPadで読書」「おっしゃれー」

   5月25日(2011年)のブログによると、子供のころ親が買ってくれた少年少女文学集がある。有名な作品がたくさん集められていて全16巻。せっかく買ってもらったのに当時は全く読まず、実家の倉庫でほこりまみれになっていた。

   これをスキャナーで取り込み、iPadで読んでいるのだ。子ども向けなので難しい言葉には解説があるし、読みやすく勉強にもなる。「だから僕にピッタリなんだなぁ」と庄司。最近読んだのは井伏鱒二「山椒魚」だ。

   ところが、ふだん本を読み慣れていなかったせいで、作品の内容より「おぉ!俺、今本読んでるぜぇ」と思ってしまい、なかなか話が進まない。買ってもらったままずっと読まなかった本を、35歳になった今読むのは「遅くないと思う」。できれば16巻全てを読破したいと思っている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中